石川県へ行く旅:目的は北陸新幹線

北陸新幹線に乗るのが目的、そして駅弁を食べましょう

北陸新幹線に乗るのが目的でしたら、せっかくの北陸新幹線へ乗っている時でもお腹がすきます。そこで金沢駅でしか買えない駅弁を食べることを一緒に楽しんでしまいましょう。子供に北陸新幹線に乗ったよ~!というお土産にもなり、電車が大好きな子供も大喜びの駅弁でお勧めなのが「北都の源」ですが、まだまだ金沢駅限定でしか購入することができない駅弁があるのでご紹介しましょう。

金沢駅限定の駅弁

金沢駅もそうですが加賀温泉駅でも大人気のお弁当があります。山代温泉へ行かれたときには、ぜひ加賀温泉駅で駅弁を購入しましょう。嬉しいことに加賀温泉駅の他に、金沢駅でも販売しているので北陸新幹線の中で是非召し上がってください~ なかには芸能人がイチオシのお弁当も登場します。

北陸のえきべんコーナーで販売されている駅弁

「加賀彩々」は加賀温泉駅でも販売されているお弁当になります。金沢駅の北陸のえきべんコーナーの金沢百番街横でも購入することができます。ポイントはヘルシーなお弁当ということで、女性の方に大人気の駅弁です。料金は780円です。ご飯は炊き込みご飯になっていて、小エビとしめじがふんだんにつかわれています。ご飯にほんのりと香るのは小エビの香りです。おかずにはこんにゃくの煮物や、出汁巻き卵など栄養バランスが考えられて作られていて、見た目にも色とりどりの美しい駅弁です。

「発芽玄米鯛めし 鯛のいなり手箱」こちらも金沢駅の金沢百番街横の北陸のえきべんコーナーで販売されています。個人的にこのお弁当が一番食べたいです。創業明治29年の高野商店が作っているお弁当で、栄養タップリでヘルシーな発芽玄米を使っていて、鯛のほぐし身を加えてしっかりと時間をかけて炊き込まれたご飯です。鯛の風味がふんだんのご飯をいなりで包んでいて、その上に甘辛に煮付けられている鯛がさらに乗っています。上に乗っている鯛と一緒にお稲荷さんを食べて、口の中いっぱいに鯛の味わいを堪能するのもいいですし、上の鯛だけ別に食べたりと炊き込みご飯もかなり鯛の風味がたっぷりなので、いろんな食べ方をして鯛を味わいましょう~

このおいしそうな鯛がのっているお稲荷さんが5個入っています。そしておかずには、煮物が入っていますが煮物はサトイモ・こんにゃく・レンコンととってもヘルシーです。こんなに贅沢に鯛を使っているので、鯛好きにはたまりません。料金は900円です。

「加賀きたまえ鮨」も同じく創業明治29年の高野商店さんの駅弁です。かつて「北前船」は日本海の荒波をのりこえて北から南まで交易のために渡航していました。その「北前船」がかつて全国の港を辿ったことを、味で港を辿るというユニークな駅弁です。酢飯の上に乗っているのは7種類の海の幸で、「宝石箱や!」というように鯛・鮭・えび・紅ズワイガニ・サバ・サヨリなどが並んで乗っています。料金は1,000円です。