「目的」を果たすための旅

「目的」を果たすための旅

思いつくまま気が向くままに旅をしたいなぁ~と思いつつ、いつもとかわらない生活を送ってしまいがちですが、ふと「雪」がみたい!と思いついて「雪」を見るためだけに伊豆から米原へでかけたという話を聞いて、そんなに雪見たかったんだ。人って分からないものだな。と思いました。どうしても「これがしたい」というのが、その人の旅の目的になるので妥協することなく、自分の目的に向かって旅作戦を練りましょう。

目的はなに?

理想は最低でもその土地で1泊でも2泊でも宿泊したいです。せっかく石川県に行ったなら山代温泉や和倉温泉などに泊まって、心も身体もリフレッシュしたいもの。山代温泉で九谷焼の作品をのぞいてみるのが目的なら、山代温泉に行くことが旅の目的になります。北陸新幹線に乗りたい、というのが目的の場合は北陸新幹線に乗るのが目的なので、乗車することでその人の目的を果たすことになります。

目的で旅の内容はずいぶんと違いますが、「目的」は果たしたい。でも時間がない。このような時にこそ、限られた時間で目的を達成するという楽しみが生まれます。

本場の長崎ちゃんぽんが食べたい場合

とにかく「ちゃんぽん」が大好きな人がいます。都内に住んでいて、美味しいといわれている長崎ちゃんぽんの店はほとんどといってもよいほど、すでに制覇しています。そしてチェーン店の「リンガーハット」にもちょくちょく行って、1週間のうちに最低3回はちゃんぽんを食べている人が、どうしても本場の長崎ちゃんぽんが食べたい。と思っています。

都内で美味しいといわれている店も行ったし、長崎出身者からのちゃんぽん談もよく聞いています。どうしても長崎でちゃんぽんが発祥したお店のちゃんぽんが食べたくて仕方ありません。

ちゃんぽん発祥のお店は、長崎の大浦天主堂の近くにある四海樓(しかいろう)です。ちゃんぽん発祥のお店で「ちゃんぽん」をどうやったら食べれるだろう。仕事も忙しいので土日を使っていくことができません。

どうしてもちゃんぽんが食べたい人は、飛行機に乗って羽田⇔長崎で飛び立って無事に四海樓で、「ちゃんぽん」と「皿うどん」を食べてきました。日帰りでもいいのです。とにかく目的は発祥のお店で食べること。これが目的ですから。そして長崎ちゃんぽんと皿うどんを食べ、長崎の角煮バーガーを持ち帰って食べたとか。角煮バーガーも想像以上に美味しいとかで、長崎物産展では必ず角煮バーガーを買うことにしたらしいです。

乗り放題チケットを使う目的

JR西日本の乗り放題チケットを利用していろんな電車にのりまくる。という目的というのもあります。期間限定の乗り放題チケットでしたが、新幹線も特急もJR西日本なら乗り放題で子供料金が2000円で大人が12000円。電車が大好きな子供にいろいろな列車に乗せてあげたい。という目的で、広島方面まで行き新幹線の500系700系というように電車に乗ることが目的で、まさに乗り鉄ですね。

この同じような乗り放題チケットを利用して、博多でランチという日帰りをしたケースもあります。このケースでは一番の目的は「博多駅でランチ」が目的だったので、朝一番の特急に乗りそのまま山陽新幹線へ乗り換えて終点の博多駅まで。博多駅で一旦改札を出てランチをしてから、博多駅で明太子を買いそのまま山陽新幹線にのり米原乗換えで日帰りで戻る。という行程でした。この場合は目的地の博多駅での滞在時間は約3時間程度なので、たったの3時間で博多なの?!ともったいないような気もしてしまいますが、JR西日本の乗り放題チケットが1日乗り放題なので宿泊してしまうと値段が高くなってしまうので宿泊することなく、日帰りをした。というケースです。乗り放題を使って日帰りで博多駅に行ってという最大限フル活用したという点では、目的達成です。